■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

すり鉢とすりこ木
surikogi.jpg


ごまをすりすり。

最近久しぶりに白和えを作りました。

いいもんですね。白和えは。

季節の野菜と、やさしい豆腐の和え衣。


外国の料理には決してないような、

淡い味のなかにも、滋味あふれる料理です。うんうん。


白和えはまた今度白ごはん.comで紹介するとして、

白和え作る時はやっぱり、すり鉢です。


どうしてかって?

フードプロセッサーでもいいんですけど、

あの機械は熱を発するので、なんだか和え衣が少しだけ

あったかくなるような気がして。

(私にとっては)フードプロセッサーの方が洗うの面倒だし。


白和えには、ごまをすったものと少しと、白みそを少し、

隠し味程度にいれてコクを出しております。

白和えが美味しく作れると料理人としても(きっと)一人前。

私はまだまだ。人参がすこし硬くなってしまいました。

次回またがんばります。



↓和弁当を作る励みにさせていただいています。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  

Sponsored Link ↓

国産の野菜を選んで買うことも、日本の自給率向上に貢献し、未来へ農業をつむぐことになるはずです(マジメすぎてすいません…)

弁当箱・調理道具いろいろ | 22:15:09 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
白和えいいですね
白和えは うちの夫には思い出の味らしくたまに作るとうれしそうです

夫には早くに亡くなった母を思い出す料理なんです

そう考えると 料理ってすごいですね
舌はいつまでも覚えていてくれるんですものね
2011-03-03 木 08:03:39 | URL | mayu [編集]
素敵なお話ですね~
私も祖母の作っていたぬか漬けっておいしかったよなぁ、とか
淹れてくれた何気ないお茶がおいしかったよなぁとか、
いろいろ思い出します。

体だけではなく、心の栄養もいっぱいなんですよね。
食べることは子どもの教育のなかでも大切にしていきたいです!
2011-03-03 木 19:05:25 | URL | トミー [編集]
心の栄養
心の栄養いい感じですね
うちの子供達は何を思い出してくれるでしょうね
マドレーヌやクッキーかもしれません v-7

私は若いころ母に 蕗を煮てほしいとお願いしました
自分ではなかなか美味しくできないので

あと 冬瓜ですね
冬瓜はわりと美味しく炊けるようになりましたが
蕗はまだまだです ^^
2011-03-04 金 07:26:46 | URL | mayu [編集]
もう蕗の季節ですもんね。
蕗はどのくらい特有のあくを残すかが
難しいところですね。

料理屋のころ、蕗を何とか漬物にしようと、
あく抜きした蕗を醤油と酒に漬けてたのを
思い出しました!(もうレシピはないですが・・・)

今度蕗を使った炊き込みごはんとかで
弁当作ってみますね~
2011-03-04 金 18:18:39 | URL | トミー [編集]
トミーさん、こんにちは。

またまた教えて下さい!
(いつも質問ばかりですみません&前記事へのコメントでごめんなさい)

写真のすり鉢はどれぐらいの大きさのものですか?
実は数年前、引越しの時に、お台所に両腕で抱えるぐらい
(少し大げさ?)の大きいすり鉢と小さいすり鉢と二つあるのを発見して、
「こんなに大きいのいらないよね」と大きい方を捨ててしまったのを、
今になってとても悔やんでいるのです。
その頃は、もっぱら炒め物やらハンバーグやらのごはんを作っていて、
白和えなど家で作ったりしなかったもので…。

小さいものだと、少しすりにくくて、
またもう一度、「大きいすり鉢買おうかなぁ」と考え中です。
2011-03-09 水 16:47:16 | URL | ひよこ [編集]
大きいほうです(笑)
ひよこさん、こんばんわ~

私の持っているすり鉢は…、
直径が30㎝くらいある大きなものです。

もう一個17㎝くらいのものも持っていますが、
ゴマをする用が小さい方を使って、
白和えやがんもを作るときは大きい方ってところですv-219

さすがに30㎝は大きすぎですが、
20~25㎝くらいのものがあると便利かもしれませんねv-410
2011-03-09 水 23:24:44 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する