■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

シンプル和弁当とは?
simple-haru-takenoko3.jpg

家族のために弁当を作る人もいれば、自分のために弁当を作る人もいます。
手作り弁当のよさは『市販のものでは補えない、毎日の健康と安心』を得られることであり、
簡単なことではありませんが、できる限り続けていきたいものです。

そこで白ごはん.comでは、弁当をできるだけシンプルに考え、
誰もが知っているような『おかず3品』に『ごはん』を組み合わせた
『シンプル和弁当』を、このブログで主に紹介しています。



『おかず3品』といっても、忙しい朝にすべてのおかずを準備するのは大変です。
『シンプル和弁当』では、おかず3品のなかに、

当日の朝に作る必要のない“常備菜”や、ゆでるだけ、切るだけの“ゆで野菜・果物”を
1品以上必ず取り合わせるようにしています。

上の“たけのこご飯と鶏の照り焼き弁当”を例に紹介すると、おかず3品の中で、
金時豆の甘煮が常備菜、菜の花がゆでるだけで当日用意する必要がありません。
たけのこご飯も前日に用意するとすれば、当日に作るのは鶏の照り焼きのみです。

後はごはんとおかずを1:1くらいに考えて、それぞれの分量を盛り付けます。

常備菜などを時間のあるときに作っておき、“貯金”しておくと弁当作りはとても楽になります。
しかしそういった常備菜を含むおかず3品の組み合わせは、味や色合いのバランスなど、
お弁当を開けた時、すべてを食べ終わった時、満足いくものにするにはなかなか難しいものです。

作りやすさとその組み合わせを考えて、四季折々の『シンプル和弁当』を紹介していますので、
ぜひ参考になさってください。

↓和弁当の参考になった!場合は、ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

和弁当の考え方 | 16:25:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する