■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

お花見・行楽弁当のためのゼイタク和弁当とは?
tirasi-wappa1.jpg

花見に、運動会に、紅葉狩りに、お正月に。
家族や知人との集まりには、いまも昔も変わらずお弁当がつきものです。

いまは昔と違って、お弁当のおかず達も洋風のものが増えました。
煮しめや乾物を使った料理よりも、子供たちがフライものやチーズを使った料理を
好むのも事実、仕方がないことなのかもしれません。

けれど、子供の好きなものばかりを弁当に詰め合わせてしまうと、
子供がいろいろな料理を口にできる、せっかくの機会を逃してしまうことになります。

そういったいつもとは違う、ハレの日の弁当こそ、いつもより少し手をかけて、
和のおかずを詰め合わせた『ゼイタク和弁当』をぜひ作ってください!




家庭でのハレの日のお弁当づくりで大切なことは、
・開けた時の彩りを考えて、季節のおかずを用意すること
・できれば、季節感を感じさせる掻敷(かいしき)を用意すること
・当日にすべて作ろうとせずに、計画的におかずを用意すること

※掻敷(かいしき)とは、料理の下に敷く木の葉、笹の葉などのことです。

もちろん、おかずをたくさん必要とするお弁当には、朝の時間に合わせて、
市販品を組み合わせることも大切です。

その時、弁当箱の中にもみじの葉が添えられているだけで、
開けた時の華やかさが全く違います!
(ちなみに冒頭の写真では、夏の時期の“ツタ”の葉を掻敷に使いました)

そういったお弁当を贅沢に見せるコツや、作りやすいおかずをたくさん紹介しますので、
1つ、2つでもできそうなことから試してみてください。

↓和弁当の参考になった!場合は、ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

和弁当の考え方 | 17:18:38 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-16 月 22:28:17 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する