■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

柿の葉の天ぷらのレシピ/作り方
柿の葉天ぷら記事へ




先日の「柿の葉の天ぷら食べたことある人さがし」の記事、

ぞくぞくとコメントいただきまして、皆さんありがとうございます。


柿の葉は、天ぷらやお茶など、いろいろな使われ方をしているのですね

はじめて知ることも多く、大変勉強になりました。


私も今年ばかりは作らねばっと思っていたら、

うれしいことにブログを見ていた兄弟宅から送られてきました アリガトウッ

-------------------------------------------------------------------------------------
Sponsored Link

-------------------------------------------------------------------------------------

【柿の葉の天ぷらの作り方】

小麦粉を全面に薄くはたいて → 小麦粉と水だけでさらっとした衣を作って→

薄めに衣をつけて → さっと170℃くらいで揚げる → 塩を振って完成。


といった感じでさっそく作ってみたところ、


いやぁ、美味しかったです。ほのかに甘くて、少し苦くて。

信じてくれる人がどれだけいるかわからないですが…、

柿の葉はたけのこの風味がするんです!

これはきっと食べないと信じられないよなぁ。と私自身思います。

ぜひ皆さん、柿の木を持つ知人を頼って手に入れてください!

(私の嫁も「たけのこ風味説」納得してくれました


↓ 昔ながらの和食だってお伝えし続けますオウエンクリック、オネガイシマス

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  

和食のおかずレシピ | 07:19:24 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
美味しそうです
やっぱりブログっていいですね
離れていても近況がよくわかる

うちの主人も大根やカブの葉、春菊などの天ぷらが大好きなので
きっと好きだろうなぁ
わたしもこの前から 目を付けている柿の木があります
影響されちゃいました^^
2011-05-02 月 07:33:32 | URL | mayu [編集]
おおおおおおおお!
旨そうです!
まさに!まさに!
画像も!幼少時食べていた、あの天婦羅です!

たけのこ風味ですか?!
うーんw 柔らかくて滋味!という感覚はあるんですが…
お子ちゃま口の時代ではそこまで解らなかったかも><

やっぱり!
思い切って…柿の葉採取の旅にwww
2011-05-02 月 09:02:00 | URL | piazzolla@ [編集]
茎がおいしいかった!
>> mayuさんへ

きっと旦那さんも好きなはず!
茎がけっこう風味が強くて美味しかったです。
タイムリミットは迫ってますから、お早めに!!


>> piazzolla@さんへ

柿の種類にもよるのかもしれませんが、
私が食べたものは間違いなく「たけのこ」でした。

そして、茎が風味強しです(大事なとこなのでリピートしちゃいます)
ぜひお試しください!!
2011-05-02 月 12:54:21 | URL |  トミー [編集]
へぇ~。
うちの柿の木は『たけのこ』の味がするんだ!?
鮮度を保ったまま着いてよかったです♪

うちは食べられる草木がけっこうあるのでワクワクしますが
まさか柿の葉が食べられる食材とは!!
2011-05-02 月 18:04:17 | URL | Shiman [編集]
ほんまです
>> Shimanさんへ

どうもどうも。送ってくれた柿の葉で大変楽しめましたv-353
ありがとうございました~
たけのこの味がするのもホントですっ
柿が苦手でも、たけのこと思って食べれば食べられるかも?!
2011-05-02 月 18:37:49 | URL |  トミー [編集]
アレルギー
おお!読んでいるだけでアレルギーが治りそうでした。
薄く衣をつけるとか、温度まで指定してくださって、これならなんとか真似できそうです!(柿の葉がないけど・・・)

ところで実家に帰ってきてご本を拝見しています。

何度も何度も読んでますよ~。(それよか作れよって感じですが)

贅沢な素食、いいですね~。贅沢とはすなわち、時間をかけることも意味するのだなぁと思っています。

2011-05-07 土 08:45:41 | URL | aebee [編集]
柿の葉はいたるところにあるけれど・・・
>> aebeeさんへ

柿の木っていたるところにあるから、見るたびに天ぷらを思い出します(笑)
けどなかなか自分で所有してないと、若葉は手に入らないですよね…。

私も次は柿の葉寿司を作りたいけどどうしよう??と思っています。
柿の葉寿司も手間はかかりそうだけど、ずーっと作りたいと思っているもの。
もうかれこれ5年くらい。今年はチャレンジしようと思っています!
2011-05-08 日 10:55:16 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する