■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

和弁当のすすめ
zeitaku-natu-teriyaki1.jpg

お弁当には大きく分けて2つの種類があると思います。
ひとつは、お花見や運動会などで食べる“ハレの日”のお弁当。
もうひとつは、毎日食べる“普段使い”のお弁当です。

このブログは、昔ながらの日本のおかずを使って、
時間のかけ方や目的の異なった、この2つの弁当作りを応援するために作りました。


◎普段使いのお弁当は、シンプルに!
普段のお弁当には、おかず3品あれば味や色合いのバランスが取れ、
見て“おいしそう”食べて“満足”できるお弁当が作れます。
こういった弁当を『シンプル和弁当』として紹介しています。

◎ハレの日のお弁当は、ゼイタクに!
写真のような、和のおかずを7~10品盛り合わせたお弁当を
料理屋の仕事で毎日のように作っていました。
だからこそわかる、家庭で作りやすいおかずや、見栄えのするお弁当作りのコツを
できるだけ丁寧に『ゼイタク和弁当』と名づけて、紹介していこうと思います。



自分が子供を持つようになってから気づいたことですが、
子供に食べさせたい昔ながらのごはんやおかずも、
きちんと作れば子供は喜んで食べてくれる、ということです。

こういったお弁当や料理が少しでも広まれば、食を通してもっともっと
笑顔が増えることを私は心から信じています!

このブログをできるだけ長く続けていこうと思いますので、
どうぞ皆さんよろしくお願いします。

※なお、このブログ内で紹介するお弁当のおかずは主に、
白ごはん.comで詳しい作り方を紹介しています。
その場合、白ごはん.comへの詳しいレシピへのリンクを張っています。


↓和弁当の参考になった!場合は、ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

和弁当の考え方 | 08:49:16 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
白ごはん.comと合わせ
こちらのブログも拝見させていただいてます。

料理の写真がどれもこれも大変美味しそうで、
見ているだけでお腹が空いてしまいます。

私は料理を作る機会がこれまであまりなかったので、
白ごはん.comやこちらのブログで
少し勉強しようと思っています。

これからも素敵なお弁当を楽しみにしていますv-354
2010-05-17 月 07:22:27 | URL | 独楽 [編集]
友人から教わりました
とても素敵なレシピサイトがあると聞き
このブログまで辿り着きました。

贅沢な和弁当。
見てるだけでも満たされました。

ちなみに私は卵焼きが大好きです。

これからもおいしい和弁当、紹介してください。
2010-05-17 月 23:22:56 | URL | 蝉 [編集]
ありがとうございます!
独楽さん、ブログを開設してはじめてのコメント、
ありがとうございます!

まだまだ、このお弁当ブログは試行錯誤段階で、
どのようにすれば見やすいか、伝わるかなど、
もっともっと考えていきたいと思います。

せひとも白ごはん.comと合わせて、
料理を作る参考になさってください!
2010-05-18 火 07:27:42 | URL | 冨田 唯介 (トミタ タダスケ) [編集]
がんばります!
和弁当がもっと作ってもらえるように、
これから白ごはん.comと合わせて、盛り上げて
行こうと思っています!

実はこのブログは“お試し”状態で、
これから1か月くらいかけて、記事を増やすというより、
コンテンツをどうするか考えながら、デザインなども
変えていこうと思っています。

なかなか新しい和弁当がアップされないかもしれませんが、
気長に続けていこうと思いますので、
今後ともよろしくお願いします!
2010-05-18 火 07:33:43 | URL | タダスケ [編集]
初めまして。
白ごはん.comからよく拝見させております。
粗食、簡単、和食好きなので、大変参考にさせていただいています。
blog開設おめでとうございます。
楽しみにしています♪

先日は生ゆかりごはんを作りました。
夏はさわやかで良いですね。

ところで質問があるのですが、
いつもテーブル(?) の木の感じがステキだなーと思うのですが、
どんなテーブルをお使いですか?
2010-06-16 水 10:25:50 | URL | ヤスコ [編集]
実は実は
ヤスコさんはじめまして。
いつもありがとうございます。

早速質問いただいた一見テーブルらしきもののお答えですが、
実は実は
とっても古い和ダンスの上でいつも写真をとっております。。。

自宅で使っているテーブルよりも、何よりも味があるもので。
古いものは、長く使えて、味が出てきて、いいことばかりです。

いつかは、テーブルの方が写真撮影には楽ちんなので、
味のあるテーブルを買いたいな、とは思っています。

なんだかがっかりさせてしまいましたでしょうか?
うちのタンス君も、朝日が当たる場所で、いつもいい写真を
撮らせてくれるので、とてもとても大切なパートナーです。
これからもよろしくお願いします!
2010-06-16 水 23:58:00 | URL | トミー [編集]
はじめまして。
レシピ検索で何度か白ごはん.comにたどり着いたことがあり、
今日はじめてじっくり拝見して、すぐさまブックマークに入れました。
年が近いのもなんだか親近感が。

やはり昔ながらの食は身体が喜ぶ気がして
洋食も食べますがまた和食に戻る日々です。
和食はほんとうに飽きないですよね^^

共働き夫婦二人暮らしでお昼はお弁当持参していますので、
これからどんどん参考にさせて頂きます!

そうそう、今日はふき味噌を作るためにレシピを探していたんでした。
分量をはからなかったので(ズボラで・・・)多少味噌濃いふき味噌になりましたが、
とても美味しかったです。ありがとうございましたm(__)m
2011-03-19 土 15:55:59 | URL | わか [編集]
はじめまして
わかさん、ブックマークありがとうございますっ
ブログという割には、更新頻度がいまいちですが(笑)
3日に1回くらいなので、思い出したときにぜひ遊びに来てください!

洋食もイタリアンも私も大好きなのですが、
私も同じように和食に戻る日々。
醤油と出汁がすぐに恋しくなってしまいます^^

マニアックなレシピも、簡単レシピも、
どんどん撮りためてはいるのでご期待くださいっ
2011-03-20 日 18:51:26 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する