■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

「ささがきごぼう」をめっちゃ詳しく紹介!


にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ





白ごはん.comで「ささがきごぼう」のやり方アップしました~

昨日アップしたわけですが、早速掲示板に感想がっ


『ごぼうのささがきの丁寧な説明には、ほんとうに感謝です。白ごはん.comにであってから、幾度かきんぴらをつくるべく、ごぼうのささがきと格闘してきたのですが、均等な厚み(薄さ)にならなくて途中で嫌になってくるんです。ピーラーではやったことがないので、次回、試したいと思いますが、やっぱり包丁を使いこなせるようになるといいなぁ。母に聞いたら場数の違いだと一蹴されましたが、「昔は鉛筆をナイフで削っていたから経験値も高いのよ」と。

あと、ごぼうの洗い方も、写真入りなので、初心者にはものすごく有り難いです。いつも「どこまで洗っていいのだろう?」と思ってたので、スーパーで既に洗ってあるごぼうを買うことが多かったんです。目安ができたので、週末に挑戦するぞー!』


コメント本当にありがとうございます!

ささがきごぼうって、ネットでもいくつか紹介されていますが、

なかなか詳しい紹介をしているところがなく、

“これは白ごはん.comの出番だぞ”と



ごぼうの洗い方から、ささがきの方法(ピーラーと包丁で)、

ささがきごぼうのアク抜きの方法まで。紹介しております。


家庭でやりやすいように、ごぼう1本でやる方法を詳しく紹介しています。

料理屋では、ごぼうを3本くらいまな板に並べて、一気にささがきにするんです!実は。

私は結構まとめてやるのが苦手で…、苦労したものです。

そのときに苦労したのが少しは活かされているかな


復習の意味も込めて、一度のぞいてみてくださいまし

よろしくお願いします~

ごぼうのささがきの作り方 (白ごはん.comへの外部リンクです)


↓心惹かれる渋い和食に和弁当、今年も作り続けますオウエンクリック、オネガイシマス

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ
人気ブログランキングへ 

白ごはん.comレシピ更新情報 | 11:24:26 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんにちは☆彡
お疲れ様です✿
めっちゃ☆わかりやすいです~♪♬
それに☆とても綺麗ですね~♪♬
私はいつもピューラーでしますが、
包丁でもできるような気がします♪♬
きんぴらとかだと包丁の方が
食感も残せますよね♪♬
2012-01-14 土 11:42:49 | URL | gaoayn [編集]
よかったです!
>> gaoaynさんへ

私は包丁でやるのに慣れているので、いつも包丁なのですが、
gaoaynさんの言われる通りっ、包丁の方が食感を残せるんですよね!
少しでも参考になればうれしい限りですっ。

2012-01-15 日 22:13:20 | URL |  トミー [編集]
お目にかかれて光栄です
こんにちは
初めてお便りします。

年末お煮しめを作ろうと思いレシピを探していた所、トミーさんに辿り着きました。
私も和食が大好きで、子供の頃母がいつも美味しいご飯をつくってくれたその味を追い求めて今日までやってきました。

 母は野菜のお料理がとても上手で菜園から収穫してきては旬の味を最大限に生かした、シンプルな美味しいものを常に作ってくれていました。
 この寒い時期になると子供の私を連れて、手の切れるような冷たい水のなかで育つ青々としたセリを摘みに行った事を昨日のように想い出します。
 トミーさんのお料理のレシピを想像するとなぜか今は亡き母をおもいだします。和食に対する情熱や細やかな心配りが至る所に散りばめられていて私にとっては宝箱のように思えます。

 実は毎日お邪魔しているんですよ。
どれを作っても本当に美味しいです。
知識と経験も然ることながら”気持ちが伝わってくる”のが一番うれしいです。

トミーさんとは長ーいお付き合いになりそうです
これからも応援していま~す
2012-02-01 水 09:19:34 | URL | BLUE SKY [編集]
はじめまして!
>> BLUE SKY さんへ

はじめまして~。白ごはん.comを気ままに運営しています、トミーです。
毎日見てくださっている方がいらっしゃるとはっ。
うれしい限りです、ほんとうに。

私の料理のルーツも、私自身の母と、料理屋時代にいろいろ教えてくださった恩師にあります。
料理で何が大切かって、やっぱり見た目でも、経済性でもなく、
その料理を食べる人が少しでも料理から元気や幸せをもらえることだとおもうんです。

だから、料理は温かいものは温かく提供したいし、
できるだけ旬のもので(できれば手をあまり加えずに)料理したいと思っています。

ぜひこれからも、BLUESKYさんに“美味しそう”と思ってもらえるような
料理をがんばって紹介していこうと思いますので、よろしくお願いします~
2012-02-02 木 07:24:54 | URL |  トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する