■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

食器棚。


  にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ





最近ずっと欲しかった“食器棚”をついに買うことができました!

ダイニングの奥に置く形で、ナチュラルテイストの食器棚を2つ並べて、

白ごはん.comでもこのブログでも、よく使うような食器をまとめることがようやくできました~!



ちなみに買ったのは、無印良品の商品↓↓↓。

木製キャビネット・タモ材 ※買ったのはもう少し奥行きの狭いものでした。

壁に細い釘をしっかりと打ち付けて固定する必要があるものの、

安い割に質感もよく、食器をほぼすべて一か所にまとめることができました

※無印のネット上のアウトレットで購入したら、食器棚1個あたり15,000円くらいでしたし!


重箱まではしまうことはできませんでしたが、

食器棚をながめつつ、「器をなににしようか?」と悩むことができる幸せ!うれしい限り!!

弁当も、白ごはん.comの料理も、忘れていた食器を思いだして使うことができるこれでっ。

胡瓜の酢の物の写真もずいぶん前に買った器を、思いだして使うことができました

kyuurisunomonoyoko.jpg



↓心惹かれる渋い和食に和弁当、今年も作り続けますオウエンクリック、オネガイシマス

 にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ 

日々の生活と食にまつわる話 | 06:46:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
美しい佇まいの和食器たち!
トミーさんの和食器たち、とってもステキです。新しい居場所に器たちも喜んでるかんじが出ていて、とてもうらやましいです。うちは狭いマンションで食器棚を置くスペースがないので、グラス以外は、キッチンに備え付けの吊り戸棚に"兎小屋状態"で収納されています。なので、奥のほうにある食器たちを忘れてしまっているなーと反省・・・(汗)。

トミーさんの写真をみると、食器棚は奥行きが浅いほうが、日々の器をきちんと回転させられるという点で、逆に実用的なんだろうなと思いました。奥行きがあるほうが収納率は高いだろうけど、使わない器たちの住処にもなるわけで、逆に不経済だなと。使ってこその器たちなんだなと。ゆっくりと、食器たちの整理をしていこうと思いました。あと、調理器具たちも!わたしは、トミーさんのサイト&ブログから、和のお料理だけじゃなくって、自分自身の生活を見直す機会を与えてもらっているので、ほんと、有り難いです。多謝。
2012-04-09 月 14:29:25 | URL | sammy [編集]
そうなんです!
>> sammyさんへ

いつもありがとうございます~。
私の生活、ブログ&サイトは超いいとこどりで、
現実は子供に振り回されておりますv-393

でも、食器棚はsammyさんの言われるように、
浅い食器棚のほうが回転がいいとはじめて私も気づきました。
いまは一目見るだけで、器全体がわかりやすくなったので、
器選びに重宝しています^^

サイト作りと同じで、ちょこちょこ改良(?)をしていくのが
好きなので、またキッチン周りで紹介できることがあれば、
ブログで紹介させてもらいますねっ。
sammyさんにそういっていただけて、なんだか「こんなこと紹介していいのかな」
という不安が解消されましたv-410
こちらこそありがとうございます!
2012-04-09 月 19:40:19 | URL |  トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する