■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

ピーマンの切り方などアップしました!


  にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ






白ごはん.comでピーマンの切り方・簡単和え物を紹介しました!

ピーマンを無駄なく下処理するにはどう切ればいいか?

ピーマンをたっぷり食べられる簡単料理の作り方は?


そこのところをいつもと同じく詳しく紹介しています

→ 『ピーマンの切り方と超簡単ピーマンの和え物』


最近は、本業の仕事も忙しい時期で、

なかなか弁当自体が更新できなくて、

和弁当らしい贅沢ベントウも最近作ってないなぁ


でもAllAboutだとか、見てくださる機会がだんだんと増えつつあるので、

できることをできるときに、一生懸命がんばるっ!

というような形でいこうと、自分で書いてて勝手に納得


↓All About の「シンプル和食レシピ」では、白ごはん.comにはない和食レシピを紹介してますよー

All About シンプル和食のレシピページへ

↓心惹かれる渋い和食に和弁当、今年も作り続けますオウエンクリック、オネガイシマス

 にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ 

白ごはん.comレシピ更新情報 | 07:39:28 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
はじめまして。
私もよく、ピーマンと塩昆布の和え物、作っています。
時々、えのき茸も入れたりしますが、
お弁当の彩りになって重宝してます。
針生姜入れるのは参考になりました。

ただ、トミーさんのレシピと違って、
ゆでた後、冷水にはとらず、ざるにあけてそのまま冷ましています。
色が悪くなるようなことはないと思うのですが、
やっぱり、冷水にさらしたほうがいいんでしょうか?
2012-05-18 金 17:11:07 | URL | みやざわ [編集]
水におとすのは・・・
>> みやざわさんへ

はじめまして。
ピーマンの和え物美味しいですよねv-410

私個人の意見としたら、
ピーマンはゆでた後に水に落としたほうがいいと思っています。
理由は、多少なりとも色がよくなることと、
粗熱が残っていると、余分に火が通るように思うからです。

この料理は、ピーマンの食感と彩りが大切なので
今回は水に落とすレシピにしました!
次回作るときによろしかったら試してみてください~
2012-05-18 金 18:49:33 | URL |  トミー [編集]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012-05-23 水 18:43:55 | URL | 履歴書 [編集]
ありがとうございます~
>> 履歴書さんへ

はじめまして~。
遊びにきてくださってありがとうございます!
ピーマンの和え物も、ピーマンの切り方も、
けっこう役立つ情報だと、この記事に関してだけは自信満々v-353
ぜひお試しください^^
2012-05-24 木 08:20:00 | URL |  トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する