■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

ぬか床の作り方 ~塩水とこねて、捨て漬け野菜を入れるまで~


  にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ






おはようございます!

早速ぬか床を朝から仕込んだので、その流れをまとめておきます。


用意したものは
・生ぬか … 1.5kg
・水   … 1.5kg
・自然塩 … 195g
・捨て漬け野菜 … 大根・きゃべつ・人参など冷蔵庫にあるもので
・昆布  … 5×5㎝が3~4枚
・唐辛子 … 2個

nukadoko2012-1.jpg
まずは水と塩を合わせて一度沸騰させ、さましておきます。
生ぬかにその冷めた塩水を加えて隅々までしっかりまぜるんです。

nukadoko2012-2.jpg
塩水は100~200mlくらいは残しておいて、まず硬さをみてみます。
手でつかんでぼとっと落ちないくらいの、やらわかめの味噌くらいの硬さが理想的。
塩水は調整して、残ったら残ったでOKです。

nukadoko2012-3.jpg
底のほうに混ざっていない生ぬかがないか要注意!(たまに混ざってないところがあるんです)
混ざっていたら、次は捨て漬け。これは野菜の栄養をぬか床に分けてあげることが目的で、
まだ食べられるものではありません。
だから冷蔵庫にある大根やきゅうり、人参やキャベツでOK。
※あまりアクの強い茄子とかは避けたほうがよいです!

nukadoko2012-4.jpg
全体をよく混ぜてあげて…、

nukadoko2012-5.jpg
容器のまわりを清潔な布巾やキッチンペーパーなどでふき取り、
最後に昆布と唐辛子を差し込みます。

ここまでできたら、日の当らない室内に置いておき、
必ず1日に2回は底からかき混ぜるんです!
小バエが来たり、においが広がったりしないように、きっちり蓋のできる容器で作りましょう。

また捨て漬け野菜を2~3日後に取り換えるんですけど、
その時にまたポイントがあるので、ブログで紹介しますね
↓白ごはん.comのぬか床の作り方も参考にしてみてくださいね~

http://www.sirogohan.com/nukadoko.html


↓All About の「シンプル和食レシピ」では、白ごはん.comにはない和食レシピも紹介してます

All About シンプル和食のレシピページへ

↓心惹かれる渋い和食に和弁当、今年も作り続けますオウエンクリック、オネガイシマス

 にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ 

ぬか床日記2012 | 10:56:46 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
ぬか床の作り方、助かります!
家では、玄米を都度炊く分ずつ精米しているので、ぬかの使い道があれば良いな~って思っていたのでe-247
腐らせないように、習って作ってみようと思います!
2012-06-02 土 21:03:23 | URL | 恵美 [編集]
ぬか床の作り方を紹介したもの数多くあり参考にさせて頂いているんですが、漬けた後が見えなくて、床をつくってから途中でどんな野菜をいれたらどんなふうになったとかみてみたかったので楽しみです
(もちろんそんな内容でなくて問題ないです)
どちらかというとマニュアル的に拝見したいというよりは、成長を覗き見したい感じです
似たもので、味噌とか梅干しの○年ものっていったいみなさんずっと待ってるのか?耐えきれず途中でつまんじゃってるのか??など関心があります…
2012-06-03 日 09:37:13 | URL | ひろみ [編集]
ぜひお試しください!
>> 恵美さんへ

ぬか床ってなかなか敷居が高いと思いますが、
ぜひ作ってみてくださいv-218
失敗したり、ダメにしたり、
私も何度か繰り返しましたv-410
でもぬか床楽しいですよ~
2012-06-03 日 11:09:45 | URL |  トミー [編集]
更新していきますね!
>> ひろみさんへ

ぬか床日記続けていこうと思いますv-410
日々のちょっとした「たしぬか」とか、
ぬか床が出来上がってからのことも合わせて紹介しますねっ

保存食を作るのが好きな人って、
食べるよりも作る方が好きだったりするので(私もその気が)
いつの間にか「梅干しも5年前のもの」とかだったりするんです!
そして「おぉ、美味しくなってる!」とかの発見があるんですよ~
2012-06-03 日 11:13:33 | URL |  トミー [編集]
私も参考に始めてみます
早速ネットで野田ホウロウの漬物美人という容器を購入しました。
長年、やってみたいけど、難しそうだしなぁと手を付けずにいましたが、
この機会に、トミーさんのブログ参考にしながら、始めてみたいと思います。
なので、引き続き、更新よろしくお願いします!
2012-06-03 日 12:47:24 | URL | Neco [編集]
冷蔵庫にちょうどよさそう!
>> Necoさんへ

ぜひはじめてみてください~。
野田ホウロウの漬物美人って見てみましたが、
なかなかよさそうですね!
冷蔵庫に入れれるサイズであるのも、すごくいいと
思います!
私もぬか床が安定したら、基本は冷蔵庫に入れて
漬物つくっていますよv-410
2012-06-03 日 15:12:22 | URL |  トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する