■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

ぬか床7日目と8日目


  にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ






ようやく本漬けに入りました!!

先週の土曜日からはじまったぬか床作り。

捨て漬けは2回行い、7日目からは本漬けに入りました。

※つまり、2回目の捨て漬けは2日間のみの漬け込みで、
1回目と同じように糠を取り除き、ギュッとしぼって取り除きました。



そして、本漬けをはじめるタイミングで加えたのが

何を隠そう、この『実さんしょう』です!

これを加えると、ぐっと香りがよくなるんですよね

そうですね、あるなしで比べたことが一度あるんですが、

あったほうが、野菜の青臭さだとかがなくなっていて美味しかったんです

今度白ごはん.comでも実山椒の下処理を紹介する予定なので、

今の時期だけ並んでる品物なので、よかったら皆さんお試しください!


そして、ついに↓↓↓

nukadoko2012-13.jpg

実山椒を加えたぬか床に、塩づりした野菜たちを漬け込み…、

nukadoko2012-13.jpg

さぁ、数時間後にはぬか漬けの完成です!

今回漬けたのは、きゅうり、かりもり(うりの一種)、なす、人参。

たしかにまだ若い もっと乳酸発酵してほしい!

ところですが、だんだんと美味しくなってくれればと思います

白ごはん.comでも、いろいろぬか漬けに関して、

野菜の漬け方に関して、どんどん追記していこうと思います~。


↓白ごはん.comのぬか床の作り方も参考にしてみてくださいね~
http://www.sirogohan.com/nukadoko.html


↓All About の「シンプル和食レシピ」では、白ごはん.comにはない和食レシピも紹介してます
All About シンプル和食のレシピページへ

↓心惹かれる渋い和食に和弁当、今年も作り続けますオウエンクリック、オネガイシマス

 にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ 

ぬか床日記2012 | 22:23:39 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
脱落。。
きゅうりをいれっぱなしで一日かき混ぜるのを忘れていたら、壁面に青かびがぽつぽつ生えてしまいました。涙。白カビはよいようですが、青カビはさすがによくないかなと思い、実山椒せっかく入れたのに廃棄することにしました。やはり、容器の壁は丁寧にふかなければいけませんね、これも勉強と思い、また、チャレンジします!
2012-06-23 土 07:26:20 | URL | neco [編集]
なんと!
>> necoさんへ

お返事が遅くなってスイマセン…。
なんと壁面に青カビが生えてしまったとのこと。
手をかけて作ろう!といったところで
ぬか床がダメになるのは残念すぎますねv-394

私自身少しだけ壁面をふきとるのをさぼることがあっても、
青カビが生えたことがないのですが、どうしてなのでしょうか??
すごく気になります…。
ちなみに容器はプラスチックや陶器だったのでしょうか?
また何かわかりましたらぜひ教えてください!
2012-06-24 日 20:58:03 | URL |  トミー [編集]
取り出す⁇
はじめまして!今年の夏からぬか漬けを始めたいと思いブログを参考にさせて頂いてます(●´ω`●)
そこで質問なのですが、実山椒はぬか漬けに入れた後、ある程度日数が経ったら取り出したりするのでしょうか⁇
実山椒と言う薬味も初めて写真で拝見したので何もかも分からない状態で…( ;´Д`)
教えて頂ければ幸いです┏○))ペコリ
2015-06-17 水 22:25:32 | URL | アンジュ [編集]
そのままでOKです!
アンジュさん、こんにちは。お返事遅くなってすいません!

ご質問いただいた実山椒ですが、一度入れたらずっとそのまま入れておいて大丈夫です!実山椒のすがすがしい香りがほのかにぬか漬けにうつってくれ、(私が思うに)ぐっと美味しくなります。

実山椒は、生のもの、冷凍の物、塩漬けの物、いろいろあります。生のものだとちょっとゆでたりと下ごしらえも必要です↓
http://www.sirogohan.com/misansho.html

参考になればうれしいです!
2015-06-22 月 09:29:43 | URL | 冨田ただすけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する