■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

『暮らし上手の定番和食』に特集を組んでいただきました~
sakeben2012.jpg

  にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ






おはようございます!

そうそう、以前このブログでも紹介させてもらったんですけど、
わたくし冨田ただすけ、来月から脱サラして「料理研究家」としてやっていくこととしました。
大学を卒業して11年、いろんな仕事をしてきました。

本州最西端、山口県下関市で生まれ、
→ 名古屋の南山大学卒
(英米科に入ったけどたいして英語しゃべれず…)

→ デパ地下にある「RF1]「神戸コロッケ」を作る㈱ロック・フィールド工場勤務
(ここはサラダ食べ放題のいま流行りの社食パラダイスだった…)

→ 大阪あべの辻調理師専門学校(一念発起して真剣に再勉強)

→ 名古屋の茶懐石もやってる日本料理屋で修行
(和食の基本・料理教室のいろは・弁当料理・茶懐石料理などすべてをきっちり勉強させていただき…)

→ 名古屋で愛されつづける寿がきや食品㈱の商品開発を続ける6年間
(日本料理屋とは対極にある「うまさを作る」食品の開発業務を経験…)

→ ようやく料理研究家へ。

フリーランスで料理研究家という仕事で食べていこう!
そう決めても、料理研究家、料理家、フードコーディネーターなる方々がごまんといらっしゃるので、そう簡単にはいきません。

やっぱり何か「得意分野」がないと!
そういう意味では今回取材してもらった「暮らし上手の定番和食」。
2ページ目から8ページにわたって特集を組んでもらったんですけど、
私の得意分野である「和食」の取材でした

魚の焼き方、だし巻きの作り方、浅漬け、佃煮。
白ごはん.comで紹介してあるような定番和食を丁寧に伝えてもらえました。

zassi-ei2.jpg
↑こんな感じで。

まだまだ勉強は足りませんが、こういった「和食」「ごはん」「家庭料理」といったキーワードで選んでいただけるような料理研究家を目指したいと思います。

「暮らし上手の定番和食」の雑誌は、イメージ通りだったなぁ
毎朝食べたくなるような佃煮レシピ(白ごはん.comにはまだアップしていないもの)も
載せてもらっていますので、ぜひご覧ください!!
→ amazonの商品ページも参考までに。

↓心惹かれる渋い和食に和弁当、今年も作り続けますオウエンクリック、オネガイシマス
 にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ 

日々の生活と食にまつわる話 | 10:34:54 | トラックバック(0) | コメント(9)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-09 水 13:00:54 | | [編集]
トミーさん!!
「和食」「ごはん」「家庭料理」って求めてるけど
ナカナカないな~と思っていました。

和食って素晴らしいですよね。
手軽だし、健康にもいいし、日本の誇るべき文化ですよね。
トミーさんの力で和食の素晴らしさを伝えてくださいね。

料理研究家!応援します。


2013-01-10 木 10:59:13 | URL | やよみん [編集]
祝・脱サラ!
わたくしも、年始に早速購入しました。
開いてすぐに、トミーさんの特集ページだったので
あたまからじっくり読み、とても参考になりました。

実は、目次にトミーさんのお名前がなかったので、
「なぜ、他の方たちと同じように表記しないのかしら」
と疑問だったのですが、でも、トップページだったので、
購入する時、大きく迷わずにすんでよかったですw。

料理研究家としてのトミーさんの今後のご活躍を、
他の読者の方たちと同様、強く熱く応援しています。
2013-01-10 木 15:38:41 | URL | sammy [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-12 土 05:47:01 | | [編集]
ありがとうございます!
みなさん、本当に温かいコメントをありがとうございます!
(非公開のコメントをくださった方もいらっしゃったので、
みなさん宛てに、感謝の気持ちと今後の決意をあらためて
お伝えさせていただきますv-410

白ごはん.comでこれまで、
いまの自分にできること、伝えたいこと、求められていること、
ほんとに試行錯誤しながら、情報発信をしてきました。

これからもきっと、これまでと何も変わらないのだと
思うのですが、料理研究家として肩書をつけるからには、
いままで以上にしっかり勉強をして、
ニーズのあることから伝えたいことまで、
色々なことをたくさん情報発信していきたいと思います。

やってみたいこともたくさんありますし、
自分の想定外のお仕事をいただくこともあると思います。
その中で失敗することも大いにあるのは間違いないですが(笑)、
白ごはん.comでやってきた初心を忘れずに、
今後とも頑張っていきたいと思います!!

また、来月に料理研究家としてスタートするにあたって、
今後の情報発信も、ブログや白ごはん.comでさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします~。


2013-01-12 土 15:19:08 | URL |  トミー [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-17 木 20:12:27 | | [編集]
はじめまして
土鍋でご飯を炊きたくて、検索してこちらにお邪魔しました。
料理は得意ではありませんが好きなので、凄く楽しませて貰いました!
これからも、こちらで色々と参考にさせていただきたいと思います。

育ち盛りの子供が3人おります。
そのうちの一人が料理の道に進みたいと夢を持っています。
私も勉強しながら一緒に料理を楽しみたいと思います。
2013-01-18 金 20:30:42 | URL | フクロウかぁちゃん [編集]
ぜひ参考にしてください!
>> フクロウかぁちゃんさんへ

お返事おそくなってすいません!
ひどい風邪をひいておりました…。

料理の道に進みたいというお子さんと一緒に料理できるなんて、
うらやましい限りです。私も娘が一人いますが、
これから一緒に料理できたら楽しいだろうなーなんて思っています。
この白ごはん.comが少しでも参考になればうれしい限りです!
今後ともどうぞよろしくお願いします!
2013-01-25 金 12:29:04 | URL |  トミー [編集]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2013-04-15 月 15:29:34 | URL | 株の初心者 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する