■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

ゆかりと枝豆ご飯のゼイタク和弁当 後編
zeitaku-natu-teriyaki2.jpg

夏のゼイタク和弁当、ゆかりと枝豆ご飯のお弁当の続きです。



お弁当の内容は次のとおりでした。
ご飯もの … 枝豆ご飯、ゆかりご飯
おかず  … 鶏の照り焼き、かぼちゃの煮物、厚焼き玉子、椎茸の煮物、さつまいものレモン煮、とうもろこしの塩ゆで、ミニオクラの塩ゆで、きゅうりの浅漬け

前回ご飯ものと、盛り付け方について紹介しましたので、
今回はおかずを詳しく紹介したいと思います。

◎詳しい作り方◎
okazu-atuyaki2.jpg
厚焼き玉子のレシピ … 卵4つに、醤油と砂糖が大さじ1ずつのレシピが基本です。あとは好みでアレンジを。色をもっときれいに仕上げたければ、濃口醤油を薄口しょうゆにしたり、醤油と塩を合わせて使ったりもできます。でも醤油を減らすと全体の味が弱くなるので、少しみりんを加えたりした方がおいしく仕上がります。

toriteriyaki.jpg
鶏の照り焼きのレシピ … 基本的な作り方は、常温に戻しておいた鶏もも肉をそのまま8割方焼いて、照り焼きのたれを加えて、しっかり煮詰めます。ただ時間のない場合は、「鶏をひとくち大に切ってから焼く」「焼く前に小麦粉をはたいて、とろみをつきやすくする」などの工夫をしても◎。

okazu-kabocha.jpg
かぼちゃの煮物のレシピ … かぼちゃなどのそのまま食べてもおいしい素材を煮物にするときは、特にだしを使わないことが多いです。このレシピもだしいらず。ただお弁当のおかずにする目的で作る時は少し醤油を多めにして味を濃く仕上げ、ご飯との相性や傷みやすさを考えるとよいと思います。

okazu-siitake.jpg okazu-satumaimo.jpg
椎茸の煮物のレシピと、さつまいものレモン煮のレシピ … この2つの常備菜は、まとめて作っておくと、このようなおかずの多い和弁当や行楽弁当にとてもとても役立ってくれます。椎茸の煮物は冷凍しておき、さつまいものレモン煮は3~4日前までに時間のあるときに作っておくとよいです。

あとはミニオクラの塩ゆでと、きゅうりの塩漬け、とうもろこしの塩ゆでです。オクラととうもろこしは塩をきかせてゆでるだけ。きゅうりの塩漬けは、きゅうりの重さに対して2%の塩をまぶして重石をして作ります(海水くらいの塩水を作って、その中に一晩入れておいてもよいです)。昆布を少し入れるとよりおいしくできますよ。

2回に分けても少し長くなってしまいましたが、もう少しだけ!

今回は枝豆とゆかりのご飯がメインで、それ自体でもおいしく食べられるのでご飯がすすむおかずはそんなに多くは入れていません。けれどおかずは味でいえば醤油っぽいもの、甘いもの、酸っぱいものなどを取り合わせ、食感でいっても、ホクホクしたもの、コリコリしたもの、柔らかいものなどいろいろ合わせています。おかずが多い和弁当こそ、味、食感、彩りに気を配りたいのです!今回の和弁当は多めに作ってお重に入れても美味しそうですね(どなたかぜひ試してみてください!)

↓ナイス和弁当!であればぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

花見・行楽和弁当・おせち!ゼイタク和弁当 | 08:00:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
初めまして!
美味しそう、というだけではなく美しい!!!
ただただ見とれてしまうトミーさんのお弁当。
丁寧にレシピまで書いてくださって、毎回満足度100%!(^^)!
参考にさせていただきながら、少しずつ近づけていけるよう
頑張ろうと思ってますので、宜しくお願いします!
本も買いましたよ~!
2010-06-23 水 14:36:00 | URL | きこ [編集]
ありがとうございます!
きこさん、本まで買っていただいて、感謝です。。。
本当にありがとうございます!

料理屋での経験をこのような形で、
いろんな方に紹介できることがほんとにうれしいです!

自分や家族の体を作る食事って、まさに生涯の課題だと思うんです。私もまだまだ勉強中なので、きこさんをはじめ、多くの人たちと「おいしくて、幸せになる食事」を一緒に考えていければなーなんて思っています。

これからもぜひとも、よろしくお願いします!
2010-06-24 木 00:35:14 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する