■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

朝一番のおいしいにおい 佐藤初女
book-hatume.jpg

今回はレシピ本ではなく、料理とは?という本質に迫る、内容は少しカタイけれどとても読みやすい本の紹介です。本のタイトルは、佐藤初女(はつめ)さんの「朝一番のおいしいにおい」という本。




ご存知の方も多いとは思いますが、少し初女さんのプロフィールを紹介します。
(本の末尾のプロフィールをそのまま引用させていただきます)

~ 1921年、青森市生まれ。1983年「弘前イスキア」を創設し、1992年「森のイスキア」を開設。苦しむ人、弱い立場にいる人をはじめ、助けを求めて訪れる全ての人を迎え入れ、おいしい手作り料理と、生活をともにすることにより、元気づけている。 ~

「一緒に食べることは、言葉を尽くして話すより、深く心が通います」
そう本の中で書かれている初女さんは、食事の用意ができたら居合わせた食卓を囲む人たちに、「ゆっくり食べましょうね」というのが口癖だそうです。

森のイスキアという施設での食事や生活が、悩んだり、落ち込んだりした心を和やかにしてくれ、多くの人の助けになっているということがこの本からよくわかります。本を購入した7年くらい前は、私が料理の道を志した時期だったので、なんて食ってすばらしいんだ!とその当時深い感銘を受けたことを覚えています。そしてそれからも、この本を読むたびに心が洗われる気がして、つね日ごろ「食」をおろそかにしてしまっている自分を見つめ直すきっかけをいつも与えてくれます。

お弁当でもそうなんです!手を尽くして作るお弁当は「あなたのことを大切に思っているんだよ」と言葉で伝える以上の意味を持ってくれると思います。仕事が忙しくても、家族のために月に一回くらいは、想いを伝えられるような料理を作ってあげたいな、といつも思います。

昔はおばあちゃんとかがいつも近くにいて、初女さんの役割を担ってくれていたんだろうな。。。子供や家族に対するその役割を時に果たさなければならない、子供を持つ私たち世代が読むときっといい本です!

↓食や生活の参考になった!場合は、ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

料理書籍紹介 | 00:50:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
はじめまして
はじめまして。
こんなお弁当がほしかったんです!というようなお弁当ばかりで喜んでいます。
巷には、見た目だけ可愛くて、美味しくなさそうなお弁当の本ばかり。
ちゃんとして美味しくて、でも毎日続けられるお弁当。

白ごはん.comも拝見させていただきました。
地に足のついたお料理ばかりで参考にさせていただきます。
まだ、お若いのに配慮の行き届いたサイトで、気持ちよく拝見しております。
これからも、期待しております。
2010-06-24 木 11:35:55 | URL | 奈良女 [編集]
ありがとうございます!
ありがとうございます。
私も正直なところ、自分の子供に食べさせたいと思えるお弁当の本が全くないことから、このブログをはじめることにしました。。。

私ごとですが、7年前くらいに、一度NHKのきょうの料理大賞という一般視聴者が応募する料理コンテストに参加させていただいたことがあります。ぬか漬けを使った料理で、なんと最終選考にも残り、テレビにも出演させていただきました。

その時に一緒に出演させていただいたおばあちゃんから「あなたみたいな若い人がもっと日本の料理を伝えていかないとね」と言われ、自分なりにできることをやっていこうと決め、いま現在白ごはん.comやこのブログをできるかぎり続けています。

思っていることも、自分の考えもすこしカタイので、堅苦しい内容も多いかと思いますが、そこは貫きとおしていこうと思います!今後ともぜひ遊びにきてください。

2010-06-26 土 00:07:51 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する