■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

ウー・ウェン流 おかず2品のお弁当
book-wen.jpg


またひとつお弁当の料理本を紹介したいと思います。
2008年に講談社から出版された、料理研究家ウー・ウェンさんの
シンプル中華弁当ばかりが紹介されている弁当本です。


どのお弁当も、肉と野菜とごはんがだいたい同割で詰められていて、
とても男心をくすぐる、ぱっと見「食べたい!」と思えるもの
ばかりが紹介されています。

考え方は白ごはん.comのこのブログと全く同じで、
“すき間おかずなど、余計なものは入れない!”
“おかずは2~3品、少なくてOK!”

という、食べる人にも、作る人にもうれしいお弁当を目指しておるようです。

定番の中華料理が、とても詳しく載っている、というわけでは
ないので、中華料理に興味がある方には不向きですが、
中華料理特有の“揚げる”“ゆでる”“蒸す”といった調理法で、
どのお弁当でも2種くらいの野菜でシンプルにおかずに仕上げており、
その点はとても参考になります。
(なるほど、ただ野菜をゆでるだけでも、こんな野菜の組み合わせにすれば
色合いが良くて、ゆでたあとにごま油をまぶすなんて方法もあるのか!!)
といったように。

さすが中華料理!ごはんも進みそうな弁当ばかりです!
ぜひ参考になさってください。

↓参考になった!場合は、ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

料理書籍紹介 | 00:28:47 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
ウーさんは私も大好きな料理家のお一人です。
この本を読むと、お弁当作りも肩の力が抜けるような気がして
ホッとしたものです!
凝ったお弁当もいいけど毎日作る身としては、こういうのも
あり・・・だと嬉しいですね^^
とはいえ美味しさと大切なポイントはしっかり押さえてあるのが
大変参考になります。
いい意味でトミーさんのレシピと共通しているものがあるように
思います!!!
こつこつとトミーさんのレシピ、作り続けています(^_-)
今日は、しっかり溜めておいた昆布の佃煮、作ります!
分かりやすいレシピ有難うございます!
お礼にポチ(*^^)v
2010-08-29 日 16:34:24 | URL | きこ [編集]
きこさん、いつもありがとうございます。
そしてポチっとクリックまでしてもらえてありがたいです。

昆布の佃煮、ぜひ作ってみてください!
我が家もそろそろ冷凍佃煮がなくなってきたころなので、
作らねばいけない頃です。

ウーさんのような潔くて素敵な料理を作りたいですよねっ
私もとても好きな方です。
2010-08-31 火 05:30:47 | URL | トミー [編集]
はじめまして。

ひとつきほど、白ごはん.comにお世話になっておりましたが
今日やっと本の購入を決め、注文しました。
イギリスに住んでいますので到着まで1週間くらいになります。

アマゾンで一緒に購入されている本として紹介されていた
『べにや長谷川商店の豆料理』も一緒に届く予定です。

ウーさんの本は、北京の小麦粉料理を愛用しています。

中国のお弁当ということで映画「初恋のきた道」を思い出しました。
丼弁当がとても印象的なシーンで使われていました。
器の方もはりがねで修理してある、ふたつきの素敵な丼でした。
2010-09-17 金 03:20:37 | URL | あみぃ [編集]
ありがとうございます!
あみぃさん、はじめまして。
白ごはん.comの本の購入、ありがとうございます。まだまだサイトで紹介しきれていない内容もたくさん含んでいますので、あみぃさんの料理の参考に少しでもしていただければ、うれしい限りです。

あみぃさんの言われているウーさんの本、まだ見たことはないのですが、丼弁当とは素敵ですね!最近は丼弁当専用のお弁当箱もよく東急ハンズなどで見かけます。今度本チェックしてみますね。
2010-09-19 日 08:29:10 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する