■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

さんまのかば焼きのシンプル和弁当
sanmakabayaki 5


ようやく長い残暑が終わって、少し秋めいてきました。
秋にはいろいろなおいしいものがありますよね!
私は鯵や秋刀魚といた青魚が大好きなので、いつも秋刀魚を待ちに待っています。
今回は、そのさんまを使った、さんまのかば焼き弁当の紹介です。

おかず3品は、さんまの蒲焼と里芋の煮物、小松菜ときのこの炒め物です。
さんまは醤油辛くごはんに合う味付けなので、ごはんの上にのせて蒲焼丼にして、
炒め物と煮物はあっさりめの味付けにしています。

◎詳しいレシピの紹介◎
※今回は白ごはん.comのサイトへのリンクではなく、このブログだけででの紹介です。

sanmakabayaki.jpg
・さんまの蒲焼のレシピ … 蒲焼は照り焼きのたれと同じ割合のたれで作ります。さんま2匹に対して、濃口醤油、みりん、酒が各大さじ1と1/2、砂糖が小さじ1と1/2です(家にたまり醤油があれば、たまり醤油を使っても色目が濃く、おいしそうに仕上がってくれます)。

sanmakabayaki1.jpg sanmakabayaki2.jpg

作り方は鶏の照り焼きとほぼ同じ。作り方で異なるところは、さんまの蒲焼の場合だけ、小麦粉を全体にふってから焼くこと。それ以外は同じように、8割がた焼いたところにたれを入れて、しっかり煮詰めて完成です。

sanmakabayaki3.jpg sanmakabayaki4.jpg

弁当箱に盛り付けるときに、フライパンに残ったたれに酒を少量入れて弱火にかけてゆるめ、さんまのおいしさの出ているそのたれをごはんに少量かけてあげます。その上に大葉の千切りと炒りごまふってから、蒲焼を盛り付けます。


sanmakabayaki6.jpg
・小松菜ときのこの炒め物と、里芋の煮物のレシピ … 炒め物は特に変わったこともなく、塩コショウで炒めたものです。里芋の煮物は、里芋の皮をむいて下ゆでし、かつおだし:薄口醤油:みりん:砂糖=12:1:1:1の割合で合わせたもので5分程度煮て冷まします。すぐに味は染み込まないので、できればここまでを前日の夜までに作り、冷蔵庫で冷ましてあげるとよいです。
※朝弁当を作るときに、一番はじめに里芋の煮物をあたため、もう一度冷ますとより味が染み込みます。煮物は熱いものが冷めるときに味が染み込むので、2度火を入れると完璧です!

sanmakabayaki 5

今年はさんまが例年に比べて少し高いですが、さんまの塩焼きを食べ飽きたら、
ぜひ一度蒲焼を作ってみてください!
もちろん鰯などでも同じように蒲焼にして、おいしくいただけますよ。

↓ナイス和弁当!の場合は、ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

おかず3品!シンプル和弁当 | 07:48:12 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
こんにちは♪
体に優しい、そして美味しそうなお弁当!
さんまは、やはり鱗の処理してから開いてるんですよね?
お恥ずかしいのですが、なかなか魚の処理の技術が上達しなくて・・
数こなすしかないんでしょうね(泣)
私はさんまのかば焼きは大好きなのですが、骨を嫌がる家族には
敬遠されてしまうのです。
トミーさんのお子さんはいかがですか?
煮る前に一度蒸すといいのでしょうか?
トミーさんの秘伝、よかったら教えてください!

2010-09-28 火 19:59:25 | URL | きこ [編集]
きこさん、こんばんは。
さんまのかば焼きに関して、もっと詳しく紹介しておけばよかったですね。。。ゴメンナサイ。

さんまのうろこは実は水揚げされたときに、ほとんど取れてしまうので、スーパーで買うものにはほぼうろこが無い状態になっています。それでも多少くっついているので、かるく洗い流す程度で大丈夫ですよ!

それから、頭を落として、腹を切って、内臓を取り除き、開いて中骨を除くわけです。中骨を除いた後に、腹骨をすきとります。それから生のまま小麦粉をまぶして焼き始めます。

さんまは中骨と腹骨さえ取れば、通常魚の身のまん中(腹側の身と、背側の身の間にある)血合い骨と呼ばれるものは、全く取る必要がありません。細い骨なので食べても気にならないからです!

ですので、中骨と腹骨をきちん取り除くことが、骨が気になるお子さんには一番気にしてあげるとよい点だと思います。私の子供も、骨は気にしますが、さんまは中骨と腹骨を取り除けばばくばく食べてくれます。

鯛などの骨のしっかりした魚は、骨が残っていると食べる時に危なくて大変ですが、さんまなら多少骨が残っていても安心して食べさせられるのも良い点だと思って、さんまはいつもよく食卓にのぼっていますよ~。
2010-09-28 火 21:25:34 | URL | トミー [編集]
トミーさん、有難うございます!
なるほど、さんまの鱗ってそうやって取れてるんですね~
そして分かりやすい説明も有難うございます。
さんまの美味しい今こそ、挑戦してみます!
我が家はコンロに魚焼き器がついてないため、グリルの上に
網を乗せて焼くしかないのですが、脂で炎がぼうぼうと恐ろしく
残念ながら塩焼きが出来ないので、かば焼きのレシピは助かりました❤
また美味しいレシピ教えてくださいね!!!
2010-09-29 水 22:38:05 | URL | きこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する