■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

鍋炊きごはんのススメ
kayakugohan.jpg


新米の出回るこの季節、ご飯をおいしく食べるには
水にこだわったり、お米や炊いたご飯をきちんと保存したりなど、
いろいろな工夫ができます。

工夫といっても様々ですが、おいしいものを食べるには、
手間かお金かどちらかをかけるのが近道だと思います。

私はいつも手間ばかりを惜しみなくかけておりますが(笑)。


なんだか遠回りしてしまいましたが、今回紹介したいのは、
どうやったらお米をおいしく炊けるか、ということ。
その一つが手間をかけてご飯を炊く方法。ご飯を鍋で炊くこと!です。
ここで大半の人が心を折られてしまうとは思いますが、もう少しだけ。

bunkanabe.jpg bunkanabe2.jpg

鍋炊きは、炊きたてはもちろん、
ご飯が冷めてからも歴然とした差があるのです。


きちんと芯から火の通ったお米は、冷めてからもべちゃつかず、
それを再度レンジなどで加熱してもふっくらとした食感を保ってくれるようです。
週に1~2回は我が家では鍋炊きですが、すぐにわかる違いがあります。

さて次。
もうひとつのご飯をおいしく炊く方法。
それは高級な炊飯器を買うこと!

最近は1個10万くらいする炊飯器も出回っています。
何が10万だ!鍋炊きにかなうわけあるかってんだ!とアナログ派の私は
電気屋でも見向きもしないわけだったのですが、
以前自宅で高級炊飯器を試す機会があってから目からウロコ。見直しました。。。

panasonic.jpg panasonic2.jpg

↑PanasonicのIHスチームジャーが販売されるときに、お手伝いした関係で
一昔前、1週間ほどですが我が家に高級炊飯器がやってきたことがあります!

するとすると、炊き立ては鍋炊きにはかなわなかったのですが、普通の炊飯器よりおいしく、
一度冷めてからレンジで温めると、鍋炊きと同じおいしさがありました!

炊飯器なめていましたが、日々開発の方が研究しているんですもの、
お金を払えば、毎日いまよりもおいしいごはんが食べられるっ
と思えば購入する価値はある商品だなぁと思いました。

弁当のごはんは、毎回鍋炊きか、高級炊飯器がいいなぁ…。
いつか高級炊飯器買いたいですよ。ホントに。。。

↓和弁当を作る励みにさせていただいています。ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


Panasonicのプロモーションに協力させていただいたご飯のお供のレシピへ

和食のおかずレシピ | 07:47:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する