■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

松茸購入しました!
matutake.jpg


今年は松茸が大豊作とのことらしいです。
どこぞやのニュースでは、卸値で昨年の10分の1になっているところもあるとか。
空前の大暴落、モノによってはうれしい響きです。

スーパーで見る松茸、中国産やカナダ・アメリカ産はひとかご1,000~2,000円くらい。
普段は3~5倍するであろう国産松茸が、今年は輸入物の倍の値段で購入できました。

高値の花だった松茸が…!
もう少し価格が下がってくれれば、一生分の松茸をここぞとばかりに食べきるぞ、
と懐具合と相談しながらも、そんなことにも挑戦してみたいと計画中デス。

肝心の松茸はといいますと、

matutakegohan.jpg


とりあえず松茸ご飯にして楽しみました!
もちろんただ松茸ご飯を作るなんて、もったいない!!
ごはんとおかずの研究を常日頃から心がけている者として、

ひとつは昆布だしだけで炊いて、もうひとつは鰹だしで炊いてみました!

松茸ご飯のレシピは、いろんな本がいろんな作り方を紹介しています。
昆布だしで炊いたり、鰹だしで炊いたり。どっちが正解なんよ?!
と疑問をいだいていたわけです。その答えもわかりました。

そして松茸ご飯のお弁当ももちろん作りましたよ。
皆さんの“松茸祭”に間に合うようにアップする予定デス。
しばしお待ちくださいませ。(今週中には!)


↓和弁当を作る励みにさせていただいています。ぜひともクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

応用!ワンランク上の料理屋の仕事 | 18:26:26 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
おお!松茸
トミーさん、こんにちは。

きれいな松茸ですねぇ。

我が家では、土瓶蒸しを作ります。
鱧と三つ葉だけで作ります。
すだちとね。
あのヒスイ色の銀杏が好きだから、
そのためだけに用意するのは面倒なのでなし!です。
缶詰の銀杏はまずいですものね。

安い松茸を買うと、鱧の方が高価になったりします。
鱧はとてもよいお出しが出るのではずせません。
土瓶蒸し様ご一行、1年に1度のご馳走です。

娘が小さい時に、土瓶で食べるのが気に入って
何度もせがまれたので、しめじで作ったりしましたよ。

京都の錦市場では、季節よっては鱧のあらだけを
4匹300円位で売っているので、見かけたら必ず買って
きのこの炊き込みご飯を作ります。
トミーさん、他にいいアイデア教えてください。
よろしくお願いします。
2010-10-23 土 10:06:05 | URL | 奈良女 [編集]
土瓶蒸しいいですねっ
白ごはん.comのサイトでもこの秋に紹介したいなぁと思っています!鱧を入れたらプロ級になってしまうのでサイトでの紹介はやめておこうかと(笑)
でも鱧はとても上品なだしが出るので、ほんとうにおいしいですよね!

土瓶蒸しのように、スープと中の具材を楽しむレパートリーとしては…、
以前の料理屋では、春の鯛あらを焼いてだしを取り、旬のたけのこを土瓶蒸しのように提供したこともありますよ。
2010-10-23 土 22:14:03 | URL | トミー [編集]
やはり、プロですね‼
トミーさん、お忙しいのに
お返事ありがとうございます。

鯛のアラを焼くというひと手間が、
プロですね‼
来春、作ってみます。

筍というと、黒メバルと一緒に
煮ます。
土井信子さんの本で知りましたが、
どちらも美味しくなります。
貝柱と炊いても美味しい。

四季色々、美味しい物があって
日本は豊かですね。
2010-10-24 日 14:51:22 | URL | 奈良女 [編集]
ぜひ!
ぜひ作ってみてください!
私はおいしいものには目がないのですが、
元来面倒臭がりやでして、
料理でもいろいろな工程を省きたくなってしまいます。。。

けれど日本料理屋できちんと(地獄のように?)
しごかれましたので、普通のご家庭の主婦の方よりも、
料理に関して少しだけ「大変だな」と思うハードルが
低くなっているように思います(笑)
いいのか悪いのか。嫁にはよく調理道具などを
そろえすぎて叱られております。。。
2010-10-25 月 19:17:17 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する