■ カテゴリ
■ Ads by Google

■ Ads by Google

■ カウンター

■Twitter はじめました!
■ 書籍紹介

書籍化された『白ごはん.com』レシピ本もご覧ください!サイトと同じく、作り方の写真をいっぱいにして、わかりやすい内容にしました。

■ クリックで投票

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ

『 弁当はとことん渋く、いさぎよく 』  和食をもっと見直してほしいと思っとります。 ぜひとも応援クリックお願いします! (クリック数でランキングされるところに登録してます)

■ 最新コメント
■ 白ごはん.com

おもてなしから基本まで。いちばん丁寧な和食サイトを目指しています!

■ プロフィール

冨田ただすけ

Author:冨田ただすけ
料理研究家冨田ただすけの和弁当ブログです。いまは更新できずにいるのですが、2010~2013年の間、私が料理研究家としてスタートを切る前に作り続けた和弁当をまとめています。

■ 最新記事
■ レシピリンク

◎炊き込みご飯

・ねぎご飯
・枝豆ご飯
・ゆかりご飯
・さば寿司
・しらすご飯
・ごま塩ごはん
・たけのこご飯
・栗ご飯
・豆ご飯
・菜飯ごはん
・いなり寿司
・きのこご飯
・松茸ご飯
・牡蠣ご飯
・焼きおにぎり
・牛丼
・鶏ごぼうごはん
・豚丼
・親子丼
・そぼろ丼

◎魚のおかず

・鯛の木の芽焼き
・鰯の生姜煮
・ホタテの照り焼き
・鯵のみりん干し
・ぶりの照り焼き
・さんまの蒲焼
・鯵の南蛮漬け
・いわしのかば焼き
・鮭の南蛮漬け
・鮭のホイル焼き
・サバの味噌煮
・鮭のつけ焼き

◎肉のおかず

・鶏のから揚げ
・鶏の照り焼き
・ローストチキン
・鶏の南蛮漬け
・鶏団子のレシピ
・牛ごぼう
・白菜と豚バラ煮物

◎野菜のおかず

・筑前煮
・なす田楽
・ごま和え
・椎茸の旨煮
・さつまいものレモン煮
・新じゃがの煮物
・菜の花の辛子和え
・きんぴらごぼう
・枝豆の塩ゆで(ゆで方)
・そら豆の塩ゆで(ゆで方)
・酢レンコン
・かぼちゃの煮物
・みょうがの甘酢漬け
・里芋の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いんげんの胡麻和え
・なす田楽
・ほうれん草ごま和え
・大根サラダ
・ゴーヤ料理
・オクラのゆで方
・モロヘイヤのゆで方
・なすとピーマン味噌炒め
・たたききゅうり
・なすの煮びたし
・かぼちゃの煮物
・おでん
・とうもろこしゆで方
おせち料理まとめ

◎卵や乾物のおかず

・厚焼き玉子
・出し巻き玉子
・高野豆腐の煮物
・ひじきの煮物
・大豆の煮物
・切り干し大根の煮物
・こんにゃくのおかか煮
・金時豆の煮もの
・黒豆の煮物
・おからの煮物


◎ごはんのお供

・昆布の佃煮
・ごま塩
・梅干しとゆかり
・しらすの佃煮
・ふきのとう味噌
・自家製なめたけ
・ぬか漬け
・新生姜の甘酢漬け
・あさりの佃煮
・かぶの葉のふりかけ
・きゅうり浅漬け
・白菜浅漬け
・ちりめん山椒



■ リンク
■ 検索フォーム

■ QRコード

QR

菜飯を作りましょう! ~菜飯のレシピ~
namesitop.jpg


菜飯といえば、いまはもう“ふりかけの菜飯”が一般的になったのかもしれません。

けれどそれは、ただ単に

『作ったことがない』という人が多いから

ではないでしょうか?


何の葉っぱを使うの?

塩加減はどのように?

混ぜるタイミングは?



この3つの事さえわかれば、菜飯はとても簡単です。

白ごはんさえあれば、5分もかからずできてしまいます!



①まずは何の葉っぱを使うか?

namesi2 namesi1.jpg

代表的な大根葉、かぶの葉だけでなく、小松菜や春菊でも作れます。
※小松菜だと風味が弱いけど食べやすい菜飯に、春菊は少し個性の強い菜飯になります。オススメはやっぱり大根葉かかぶの葉です。



②次は塩加減をどうするのか?

namesi3 namesi4

塩加減は『米2合炊いたら塩小さじ1』と覚えましょう!
※葉っぱを塩ゆでして冷水にとった後、細かく刻んでよくしぼります。そこに塩を加えてさっと混ぜ合わせ、さらに余計な水分を軽くしぼります。それをごはんに混ぜるわけです。葉っぱの量に対して塩が決まるのではなく、ご飯の量に対して塩加減を決めた方がおいしい菜飯になります!



③最後にいつ葉っぱを加えるか?

namesi5 namesi6

米が炊き上がって、蒸らした後に混ぜ合わせます。

もちろん冷めてもおいしいですが、蒸らしたてに刻んだ葉っぱを混ぜ合わせ、すぐに食卓に提供できるときっとみんなのおうちの定番ごはんになるはずです!


namesi.jpg

ぜひお試しください!


↓和弁当を作る励みにさせていただいています。

←レシピブログに参加することにしました!
こういう和食が増えるといいなと思って、和食カテゴリに参加しました。ぜひクリックお願いします!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


白ごはん.comの菜飯のページも参考にしてみてください! → こちらから

和食のおかずレシピ | 00:07:08 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
菜飯、作ってみます。
菜っ葉の塩もみを油で鷹の爪少しを入れて炒め、お醤油をたらしたものを添えてご飯をいただくことはよくあるのですが、菜飯は作ったことがありませんでした。
緑が映えますよね。

トミーさんのブロクを見せていただくようになって、お料理がより楽しくなりました。
ありがとうございます。
蒸しアワビもおせちに作ってみます。

この頃よく市場に行って魚を買ってくるようになりました。
先日は黒鯛の安いのを見つけて、あら炊きとお刺身を作りました。
2010-12-09 木 13:46:39 | URL | ロプノール [編集]
私はすっかり市場から家が遠くなってしまったので、
なかなかいくことができません。。。
黒鯛のお刺身がうらやましいです~

でも野菜だけは嫁の実家からいただいたりして、
新鮮でおいしいものを食べさせてもらっています!

間引きの野菜の菜っ葉もたくさんいただくので、
菜飯はとても重宝しております。

ぜひ作ってみてくださいね。
2010-12-09 木 23:13:30 | URL | トミー [編集]
菜飯、カブの葉で作りました。
とっても、とっても美味しくて、家族皆大喜びでした。
トミーさんの言われる通り、定番ごはんになりました。
なんてきれいな緑でしょう。

明日は、ネギご飯の応用で牡蠣入りネギご飯が主役のお弁当を作ります。
脇役は、出汁巻き玉子、金時豆の薄甘煮、カブのおなますの予定です。

最近、使いまわしこそお弁当作りのだいご味と感じています。
夜の主菜の食品を少し残し、食べ過ぎを防ぎ、お弁当を作ることで、お昼代を節約する・・・まさに一石二鳥かなと。
2010-12-15 水 22:56:59 | URL | ロプノール [編集]
Re: タイトルなし
菜飯が好評でよかったです~

同じ塩でも食塩と自然塩など、家々の調味料で
味が違ったりするので、安心しました!

私も、今日も明日も菜飯でいいっ ってくらい
好きですよ~

あるもので、使いまわしをして、
美味しいお弁当に仕上げるのは確かに
お弁当の醍醐味ですね!
そうすることできっと料理の腕も上がっていくんですよね。
私も毎日弁当を作りたいなぁ…


> 菜飯、カブの葉で作りました。
> とっても、とっても美味しくて、家族皆大喜びでした。
> トミーさんの言われる通り、定番ごはんになりました。
> なんてきれいな緑でしょう。
>
> 明日は、ネギご飯の応用で牡蠣入りネギご飯が主役のお弁当を作ります。
> 脇役は、出汁巻き玉子、金時豆の薄甘煮、カブのおなますの予定です。
>
> 最近、使いまわしこそお弁当作りのだいご味と感じています。
> 夜の主菜の食品を少し残し、食べ過ぎを防ぎ、お弁当を作ることで、お昼代を節約する・・・まさに一石二鳥かなと。
2010-12-16 木 20:10:47 | URL | トミー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する